イベント情報 / 東京本部

News
イベント情報
活動報告
会員の活動やお知らせ
スコットランド学術情報
ニュースレター

スコットランド デイ in 東京 2017 を開催します!

食に文化に風土に歴史に観光!楽しさ盛りだくさんのスコットランドをたっぷりお届けする「スコットランド・ディ」
第二回となる今年はお祭りと映画をフィーチャー!
スコットランドの国の大切な記念日であるセントアンドリュース・デイに合わせ、第二回「スコットランド・デイ」を開催します。
皆さまのお越しをお待ちしております!

スコットランド デイ in 東京 2017

スコットランド デイ in 東京 2017
会 場:東京芸術劇場(池袋)
日 時:2017.11.25sat 10:00-21:00
主 催:NPO法人 日本スコットランド交流協会
助 成:スコットランド政府/スコットランド国際開発庁
後 援:外務省/ブリティッシュ・カウンシル/在日英国商業会議所/東京芸術劇場(公益財団法人 東京都歴史文化財団)/公益財団法人 としま未来文化財団

プログラム
第 1 部 10:00 - 13:00
スコットランド留学フェア
スコットランドの大学担当者や留学経験者が、学部や大学院への情報やお悩み相談など、情報満載の留学フェアを開催します。
エディンバラ大学、グラスゴー大学、グラスゴー芸術大学、セント・アンドリュース大学、スターリング大学、ハイランド・アンド・アイランド大学(インバネス)、ロバート・ゴードン大学(アバディーン)など、留学情報の「今」を知りたい方はぜひご参加下さい!
スコットランド留学フェア

第 2 部 14:00 - 16:00
スコットランド講演&トーク
『エディンバラ・フェスティバルの魅力』

和太鼓奏者 佐藤健作 / MY COMPLEX、一人芝居 石曽根有也(Yuuya)
70周年を迎える世界的に有名な「エディンバラ国際芸術フェスティバル」をテーマに、今年、日本からの参加者 2 組によるトークと座談会が実現!フェスティバルの魅力と熱気に迫ります。
スコットランド講演&トーク 『エディンバラ・フェスティバルの魅力』 和太鼓奏者 佐藤健作 / MY COMPLEX、一人芝居 石曽根有也

『映画の中のスコットランド』
映画評論家 クリス・フジワラ(元エディンバラ・フィルムフェスティバル・ディレクター)
映画評論家で、エディンバラ・フィルム・フェスティバルのディレクター(2011-2014)を務めたクリス・フジワラ氏を迎え、「トレイン・スポッティング」から「ウイスキーガロア」など、個性溢れるスコットランド映画の魅力について、映画シーンのクリップを挟みながら語っていただきます。
『映画の中のスコットランド』 映画評論家 クリス藤原(元エディンバラ・フィルムフェスティバル・ディレクター)

第 3 部 16:00 - 18:00
ペチャクチャ・ナイト on Scotland
powered by PechaKucha
東京を拠点に活躍する建築デザイナー、アストリッドとマークによって 2003 年に六本木の SuperDeluxe で始まった「ペチャクチャ・ナイト」。
いまや世界 930 余りの都市で開催されています。1人20枚のスライドを20秒ずつ合計400秒で、プレゼンテーションするというシンプルなルールのクリエィティブ・プレゼンテーションです。

【プレゼンター】
・ 雨宮揮也(株式会社シンカ)
「スコットランド映画、Whisky Galore」
・ マイルズ・オグルソープ(産業歴史建造物専門家)
「From Scotland's Forth Bridge to Shinkansen」
・ 小林健太(小林紀子バレエ・シアター)
「英国のバレエ」
・ ショーン・マイケル・ウイルソン(漫画家)
「MANGA」
・ 下村理恵子(NPO 法人四つ葉のコウゾ)
「美濃紙とアーティスト」
・ ケリー・ブライソン(スターリング大学振興部長)
「The University of Stirling's Golden Jubilee ‒ celebrating 50 years"」
・ 水野慎子(飛騨高山美術館)
「マッキントッシュとミシャ」
・ スティーブン・ベイカー(スコットランド国際開発庁日本事務所長)
「日本とスコットランドの現在」

第 4 部 18:00 - 20:30
スコットランド・ナイト 一般 5,000 円 / 学生(高校生以上)3,500 /中学生以下無料(ただし父兄同伴)
※チケットは完売致しました。
音楽を聴きながら素敵な食事とドリンクで立食パーティ!
スコットランドパーティを存分に堪能して下さい。そして仕上げは、大人も子供も一緒に楽しめる賑やかなケイリー・ダンスです。

スコットランド・ナイト

ハイランドバグパイプ演奏
演奏:Gerald Muirhead
ジェラルド・ミュアヘッドはスコットランドのエディンバラで生まれ育ちました。彼はエディンバラ城のパイプバンドの主席奏者アンガス・マグドナルドの元で正統なハイランド・バグパイプを学び、さらにスコットランド最高の Royal Scots Dragoon Guards に所属演奏し、その腕を磨きました。日本在住。

ケイリーダンス
指導: Scott Leslie
スコットランドの伝統的なケイリーダンス。本場スコットランドから第一線の講師がやってきます!老若男女が誰でも簡単に、楽しく踊れる社交ダンスを一緒に楽しみましょう。

ハイランドバグパイプ演奏 演奏:Gerald Muirhead/ケイリーダンス 指導: Scott Leslie

【第4部スコットランド・ナイトのお申し込み・お問い合わせ】
メールまたはお電話でご予約を承ります。
申し込みメールアドレス: info@jpn-scot.org
会員の方は会員専用サイトよりもお申し込み可能です。会員専用サイトではクレジットやコンビニ払い等がご利用頂けます。
※規定枚数に到達次第、チケットの販売は終了させていただきます。どうぞお早めにお申し込みください。

「スコットランド デイ in 東京 2017」フライヤーPDF

「スコットランド デイ in 東京 2017」に関するお問い合わせ
東京本部/〒161-0033 東京都新宿区下落合3-12-28-1401 Tel&Fax: 03-5988-8785
Tokyo Headquarters : 3-12-28-1401 Shimo-ochiai, Shinjuku-ku, Tokyo 161-0033, JAPAN

スコットランド デイ in 東京 2017